美容と健康

【健康】白湯の作り方と効果について調べてみた

美容と健康

こんにちは、吉野いくみです。


普段からブログを書く時、口が寂しいのでお白湯を飲んでいるのですが、

いくみ
いくみ

白湯ってどないええの?


という疑問に衝突し、手が止まってしまいました。
確かに「朝に白湯を飲むと健康になれる」「日頃から白湯を飲むと痩せられる」などの情報だけが頭に入り、効果などの知識はありません…。


そこで今回の記事では、お白湯の作り方と摂り方、白湯を飲むことによる効果を改めて考え直していきます!明日からの白湯生活に繋げる為に、是非参考にしてみてください。

白湯の作り方

お鍋での沸かし方



インドの伝統医学「アーユルヴェーダでは人の身体は「水」「火」「風」の要素で成り立っていると説くことから、水を火にかけ沸かすこと=鍋で水を沸かすことが全要素を満たし身体に良いと言われています。


つまり正しいやり方は以下の方法です。この方法の場合のみ水道水を使っても構いません。

白湯の作り方(インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」を参考とする)
  1. やかんもしくは鍋にお水を入れる(
  2. 蓋をして火にかける(
  3. 沸騰したら蓋を取り、10~15分ほど沸かすと完成(




ちなみに我が家では、富士ホーローケトル1.6Lを使っています。!
デザインも良く、持ち手がしっかりしているので倒れることがありません。


電気ケトルで飲むお白湯より、コンロで沸かすお白湯の方がまろやかになり美味しいですよ♪

電気ケトル・電子レンジでの沸かし方



ちなみに今回は時短の為、電気ケトルでお湯を沸かしました。
我が家ではラッセルホブスの電子ケトルを使用しています。マットブラックは容量が0.8Lとステンレスに比べると少なめです。


注ぎ口が細口で、湯切れの良い点が気に入っています。
0.8Lのお水を沸かすのに、約4分強かかりました。


湯沸かしが始まると赤いランプがつきます


白湯は電子レンジでも作ることが出来ます1分30秒~2分(500W)ほど温めてください。


しかし電気ケトル・電子レンジで作る際は水道水を直接使うことは避け、浄水したもの、もしくは市販の水を使用しましょう!


水道水の中は殺菌効果がある塩素トリハロメタン(発がん性物質)が含まれている為です。




我が家ではBritaの洗浄器を使用しています。
市販の水よりまろやかに感じられます。冷蔵庫の牛乳ポケットに入るスマートなデザインも気に入ってます!


白湯の摂り方


湯沸かし直しの無いように、家で飲む際も保温ポット保温ボトルに入れ替えています。


お白湯を摂りすぎてしまうと胃液が薄くなり、腸の中にある必要な成分まで洗い流してしまう為、1日に摂る量は700~800mlぐらいを目安にして下さい。


我が家ではKINTOの「トラベルタンブラー500ml」を使用しています。
360度どこからでも飲めるように設計された飲み口飽きないデザインに惹かれました!今でも大のお気に入りです。

白湯による効果

① 基礎代謝が上がる

温かい飲み物を口から摂ることで胃腸が温まり、内臓が活発に働き基礎代謝が上がると言われています。

② デトックス効果がある

代謝が上がることにより、腸の動きが活発化することや、血液やリンパの流れが良くなると言われています。
そうすることで、体内に溜まった老廃物や毒素が排出しやすくなる為肌のトラブルの改善デトックス効果にも繋がっています。

③ 冷え症が改善される

内臓が温まり、血液の流れが良くなることから冷え症が改善されると言われています。

④ 花粉症の症状が緩和される

お白湯を飲むことで体温が上がります。
体温が1度上がることで身体の免疫力は約5~6倍にも上がり、鼻水やくしゃみ、目の痒みなど花粉によるアレルギー症状を抑える効果が見られると言われています。



とりあえず明日の朝にやってみよう!


お白湯を初めて飲むとき、体内に毒素が多ければ多いほど「不味い」と感じるそうです。わたしも好きになるまで少し時間がかかりました。

ですが、新しいスキンケア商品を買うことより、運動を始める事より、バランスの良い食事を摂ることより、お金も時間も掛かりませんよね♪


健康の為にも、美容の為にも、楽しく幸せに過ごす自分の為にも出来ることから始めていきましょう!わたしも継続していきます!


今回もお付き合い頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました